ウッドデッキの作り方をDIYにはじめて挑戦という方にもわかりやすく解説!

  Top 用語集 木材の価格比較 我が家のウッドデッキ このサイトの使い方 サイトマップ   リンク   ブログ   掲示板   メール

 Top > 塗装のやり方                                                                                          


塗装のやり方


  ほとんどの方が塗料は浸透性塗料(オイルステイン)で塗装をすると思いますので浸透性塗料の塗装についてご説明していきます。
  また、塗料には1回塗りでいいものと2〜3回塗りを推奨しているものがあるので購入前に確認するようにします。
  メンテナンスで再塗装を繰り返すと、同じ塗料を使っていても、だんだん色が濃くなってくるので、そのへんも考慮して、塗料はあまり
  色の濃くないものを選んだほうが無難かもしれません。

     塗料に関しては
木材以外の部材 塗装用具に関しては必要な工具を覧ください。

塗装のタイミング


 木材の塗装はカットよりも前に材が家に届いた時点で行います。その理由としては

   ・施工後では接合部の木口など塗装できない場所ができてしまう
   ・木材の表面が雨で濡れてしまうと塗装ができなくなってしまう

 ということからこのタイミングがベストと思われます。塗装後にカットをすることになるので、新しくできた木口には
 その都度、刷毛で拾い塗りをします。



塗装に必要な道具


 ・浸透性塗料
 ・バケツ
 ・刷毛(ハケ)
 ・ウエス
 ・ゴム手袋
 ・ブルーシート
 ・作業台


 詳しくは必要な工具を参照してください。

塗装のやり方

 作業台に乗せて行うことをお勧めします。かなり長時間の作業となるので
 低い位置で行うと腰がやられます。思わぬ所まで塗料が飛んでしまうので、
 必ず広めにブルーシートを敷いてから行います。
 先に木口を刷毛で塗ります。水分は木口から入りこむので塗料を
 刷毛にたっぷり含ませて多めに塗ります。
 次にウエスに塗料を染み込ませ、雑巾がけの要領で面の部分を塗って
 いきます。この作業を繰り返し一本一行います。
                                                                   ※画像をクリックすると大きく表示されます 

 慣れてきたら床板などの長さの同じ木材を4〜5本並べて、まとめて一面ずつ塗っていくと作業が効率よく行えます。
 浸透性の塗料は雑巾がけで塗ると塗りむらができずらいので、お子さんのいらっしゃる方は手伝ってもらうと意外な
 戦力になりますよ!






   木拾いをするへ戻る          カットのやり方へ進む         ウッドデッキの作り方トップ        Page Top      



ウッドデッキ材のリーベ
  

  
  
inserted by FC2 system